押入れをひっくり返したら、
出て来ました
のお宝です(^O^)




音楽関係のお宝発見(^O^)
早速、博物館入りさせました(^^;



ノンベの思い出 その一
オープンリールデッキ



ガハハッ、赤井のサンパチ、2トラ(^O^)
つまり38cm/sec、2トラックのテープレコーダーです。








↑10号テープ装着していますが、
高くて1本だけ(^^;
後は、8号?テープだけです。






この頃から、ノンベは著作権侵害(^^;
吉田拓郎の「人間なって」のLPをコピーm(__)m







ジャズなんかも、結構違法コピーしましたm(__)m





ノンベの思い出 その二
LPレコード(^O^)



思い出のレコードも発見(^O^)
まずは、和製フォークのレコード(^^;









ホンで、ポップス系のレコード
エルビス・プレスリー、ウォーカーブラザース、
エンゲルベルト・フンパーデング、ソウルのオーティス・レディング(^O^)







カーペンターズ、「カントリーロード」のジョンデンバー、
パンチの効いたシュープリームス、
マンボのペレス・プラード、
カンツォーネのウイルマ・ゴイック、
ホンでビートルスもあります「オールディズ」のアルバムですね(^O^)






その他、
ボサノバのアストラット・ジルベルト、言わずと知れたベニー・グットマン、
セルジオ・メンデス、カウント・ベーシーオーケストラ(^O^)







ここからは、クラシック音楽です。
ノンベをクラシックファンにしたのはこのタイトル。
ベートーベンの第6番「田園」交響曲、指揮はブルーノ・ワルター、
演奏はコロンビア・シンフォニー・オーケストラですよ(^O^)






ここからは、順不同です(^^;
チャイコフスキーの5番?
モーツアルトもありますね。






一世を風靡した「カラヤン」指揮のも入っていますね(^^;







う〜ん、読めない(^^;







この辺は、パッヘルベルとかバッハとか、
バロック音楽ですかね。
ノンベは、いろいろ音楽遍歴しましたが、
最後はバロック音楽に辿りつきました。
パイプオルガンの音色が、
ノンベの音楽人生の終曲です。






有名なイ・ムジチの「四季」、
左は記憶が無い(^^;
残りはピアノ曲かな。







オイゲン・キケロやベルマンのピアノ聴いて、
ジャズにも染まっていったノンベでありました(^^;






ここからはJAZZ編です。

ノンベか一番最初に買ったジャズのレコードは、
右上のリー・モーガンのアルバムでした。
これぞジャズって言うジャケットに惚れて買った(^^;
MJQ、マイルス・デービス、オスカー・ピーターソン。
ノンベが語るまでも無い巨匠達ですね。








ノンベのジャズ遍歴の後半は、チック・コリアなどにも染まったけれど、
やっぱりノンベは、スタンダードなジャズっぽいジャズが好きですね。







尺八とジャズとの融合。
山本邦山にも心酔した時期がありました(^O^)
今のゴスペの前身(^^;スイングル・シンガーズもありますよ(^^;







そう言えば、ナベ・サダ(^O^)
「カリフォルニア・シャワー」大ヒットでしたね。
ジャズボーカルを聴きながら、
ウイスキーグラスを傾けた時期もありました(^^;






たぶん、今聴いても、
全部の曲口ずさめると思う。
今のパソコンと同じに、
休みは一日中レコードを聴いていた時期がありましたから。
ガハハッ、ノンベはいつでも篭るのが趣味か(^^;







ガハハッ、その他こんなのも買い込んでいたりして(^^;
とりあえず、2/3ばかり紹介しました(^O^)


どうですか、ノンベの音楽人生の縮図でした。
博物館入りさせても問題ないですよね。





ノンベの思い出 番外編(^^;
MSXパソコン

何か知らないけれど、
レコードの箱の中に一緒に入っていた(^^;
MSXパソコンと参考書です。

ノンベのパソコン狂いの第一歩、
第一号のパソコンでした。

ディスプレーはテレビ、
記憶装置はカセットテープでしたよ。








はい、左上にMSXの文字が(^^;
全メーカー統一仕様のパソコンとして登場しましたが、
何時の間にか自然消滅してしまった(^^;
残念ながら、ケーブル、電源コード不明で試しは出来なかった。






物持ちの良い、ノンベちゃん。
解説書なども保存していたりして(^^;
これも博物館物ですよ。


ガハハッ、また何か掘り出し物があったら、
博物館に入れますね。
今日はこれで(^^ゞ