ノンベ趣味を語る、その2
(パソコンについて


2001.3.17

ノンベがパソコンに興味を抱いたのは、やっぱTVゲームのせい。
おれもゲーム作りたい、それだけの単純な動機であった。
最初に買ったのが、まだマイコンと言う表現が一般的だった頃だ。
あの頃のパソコンは非常に高くて、一般庶民には手が出なかった。
そこでしょうがなく、
一時流行したMSXパソコンなるものを購入したのだった。
メーカー統一規格を売り物にしたものだったが、
なんか自然に消滅したみたい。
それで、プログラミング言語なる言葉がある事を始めて知った。
ベーシックなる言語を使い、テレビ画面で子どもの誕生日を祝う花火を
打ち上げた記憶がある。(なんとモニターはテレビだった)
その後あいまって、ファミコンでゲームが作れるとの売りで、
ファミコンベーシックなるものも購入したが、RPGゲームを作るには
程遠いものだった。


2001.3.18

最初に本格的なパソコンを購入したのは、かれこれ10年位前になる。
その頃は飛ぶ鳥を落とす勢いのNECPC−9801シリーズ、
なけなしのへそくりをつぎ込んで買ったのが、PC−9801EX2だった。
CPU80286、クロック周波数12MHz、メモリ640KBである。
EX4もあったが20MBのハードディスク内蔵で、一寸高くてやめた。
プリンターはスター精機だったかしら、それもカラーのドットプリンターだった。
OSはMS−DOS3.3で、
たしか一太郎がVer2.0、花子が1.0の頃であった。
今から思えばオモチャのようなスペックであるが、
それでも50万円近くしたと記憶している。
これが今のノンベのパソコン狂いの始まりだった。


2001.3.23

ノンベのパソコン購入の動機は、RPGゲームを作りたい。
それだけだったが、それがどうして大変な事がわかった。
MS−DOS懐かしい言葉である、今年(2001.秋)出るウインドウズの
後継版OSは、MS−DOSを完全に排除したOSになるとか・・・。
でも、はっきりとは言えませんよ、
ノンベは現在パソコンの書物からも遠ざかっていますので・・・(^^;
MS−DOSとウインドウズ、はっきり言って、パソコンとして楽しかったのは
やっぱ、MS−DOSの方だとノンベは思う。
現在のパソコンは昔流に言うなら、パソコンに使われているのだ。
パソコンを使う楽しさは、現在のウインドウズには無いような気がする。
せいぜいHTMLを使い、ホームページを作って満足する程度になってしまった。

話はずれたが、EXの時代のノンベは、何とかRPGゲームをこの手でと、
一生懸命関連図書を買い込み勉強したものだった。
何しろ周りには、パソコンなるものの存在すら分からない人たち、
ワープロと混同している人たちばかりだったからね。
独学でした。
ソフトの高い事、今でも同じですが・・・。
とりあえず勉強したのが、MS−DOSのバッチファイルを作る事。
その後、パソコン付属のN88日本語ベーシックなるものを勉強しました。
しかし、RPGには、グラフィックが必要、これが大変だった。


2001.3.25

N88ベーシックでいろいろ遊んでいるうちに、
マイクロソフト社の「クイックベーシック」なるものが有ると聞き早速手に入れた。
これはかなり遊べた、現在の「ビジュアルベーシック」の前身である。
RPGゲームらしきものも一応作れ満足したが、
誰も遊んでくれなかった。(^^;
なにしろノンベの作ったグラフィックは、幼稚園児のお絵描きよりひどかった。
その後C言語なんかもちょっぴりかじったが・・・。
でも、ノンベの頭と忍耐力には限界が有った。
やっぱプログラミングなんてえのは、飲みながら酒のつまみに
出来るようなしろもんではないのだ。
でもプログラミングを通して、パソコンに命令できる、
パソコンを自由に動かせる楽しさを覚えた事が何よりもの収穫であった。


2001.4.6

その後「ウインドウズ」なるものが華々しくデビューした。
「ウインドウズ3.1」だった。あれは何だったのだろう。
「ウインドウズ」に遅れまいと、大枚をはたいて
ノート型パソコンに手を出してしまった苦々しい思いでがよみがえる。
NECの「9821Ne」だったかしら、間違っていたらスミマセン。
これが「Win3.1」同様、過時の中途半端なスペックで、
「Win95」が出てから使い物にならず、何か腹が立って捨ててしまった。
{まだ9801EXは置いてあり、
時々MS-DOSの世界に浸らせていただいているのに。}
これの印象は、損した〜、だけであった。
ただ、「ウインドウズ」なるOSの概要をおぼえただけと、
ニフティのパソコン通信なるものに加入した記憶がある。
パスワードも忘れて、多分いまだに加入したままだと思う。
1ヶ月200円だと思うが、もったいない。
だれか、解約する方法教えてちょ〜。


2001.4.7

「Win95」が出てからのパソコンの進化は、すさまじかった。
ノンベの最初のパソコンのCPUは「12MHz」だったのだ。
それが、今では「1GHz」の時代。
メモリも640KBだったのが128MBが標準だし、ハードディスクときたら、
外付け100MBがやっとだったのに、内臓で30GBが普通。
もうノンベはついて行けません。
それはおいといて、ノンベ3台目のマシンは、現在も活躍中。
「Win95」が世間に定着したので、平成9年3月、
大蔵省に泣き付いて買ったのが、まだ勢いがあったので、
これもNECのバリュースター「9821V166」である。
インターネットなるものが、だいぶ世に広がってきた頃であった。
こいつは、いろいろと使わせてもらっています。
もう4年になるのか〜、いまだに「Win95」をのせて、
2GBのハードディスクを圧縮してこき使っています。
ささやかなV166の抵抗か、
3日に1回ぐらいは「固まって」しまうのが、また可愛いのだ。


2001.5.5

このV166、その名の通りCPU「166MHz」、
メモリー32MB、ハードディスクは2GBだった。
それでも、MS-DOS時代の人間にはすさまじいスペックであった。
1年後には、そのハードディスクが満杯になろうとは、
さすがのノンベも、予想だに出来なかった。
このマシンでやった事は、やはりプログラミング。
しかし、さすがにこの頃からはMS-DOSが姿を消して行って、
ノンベもウインドウズプログラミングをせざるをえなくなった。
そこで買ったソフトが「ビジュアルベーシックVer5.0」であった。
このソフトはさすがに高価で、しがないサラリーマンの苦肉の策。
そのころ学生だった息子に頼んで、アカデミックパックなる
学割ソフトを買わせる事でしのいだのである。
であるが、このソフトほとんど使われなかった。
なぜなら、この頃からノンベの興味は、
インターネットの世界を向き始めたからであった。


2001.5.18

インターネット、ネットサーフィン、なんと魅力的な言葉だろう。
居ながらにして、世界中の情報が手に入る!!
魅力的な言葉にだまされて(^^;
1997年11月、パソコン付属のブロバイザーと契約してしまった。
月15時間まで、2000円のコース。
たちまちハマッテ、仕事が終わると真っ直ぐ帰ってやりました。
でも気がついたら、電話料が気になりだした。
15時間だと、3分10円として3000円か。
まっ、女房の長電話に比べたら安いものである。
ブロバイザー代と合わせても、200円の発泡酒25本分じゃ。
げっ、それって半月分じゃないか。
などと、いろいろ考えながらやっていたものであった。
ホームページに関心を持ったのは、それからであった。
おお、俺も世界に羽ばたきたい。
ノンベの関心は、ホームベージへと移っていった。


2001.6.2

そうだ、ホームページを作ろう(^○^)
その頃女房が、小ざかしくも「弁当屋」などを始めて二年たち、
何か宣伝するページ作ってなどと騒ぎ始めた。
パソコン知らずの女房にも、
ホームページなどと言う言葉がわかってきた頃であった。
のんべはと言えば、
ホームページ作るにはソフトなきゃ駄目、
ボンビーには無理と思っていた頃である。
とりあえずホームページについて、本屋さんで立ち読みを始めた。
いろいろさがしているうちに、HTMLなるものの存在を知った。
最初は、やっぱりプログラミング言語か、ソフト代かかるなどと思っていた。
立ち読みしているうちに、メモ帳でできるホームページなどと書いてあった。
なぬ!!メモ帳で、で!!できるのか!!
思わず、その本を買ってしまった(^^;


2001.6.6

それから、ビール片手に一生懸命勉強しました。
まだ発泡酒は出ていないか、出だしの頃だったと思う。
読んでみると、プログラミング言語と比べてやさしそ〜(^o^)
いがいと、作るのは簡単でありました。
しかし、落とし穴が・・・。
あれこれ作っているうちに、絵も欲しい、写真も欲しいとなりまして、
デジカメを買ってしまった。
あの頃出始めで、30万画素前後で3万円はしたと思う。
一般庶民にとっては、手痛い出費であった。
まあ色々やって、何とか見られるようになり、
いよいよアップロードである。
しかし、落とし穴の続き。
どうするんだ(ーー;)ノンベにはさっぱりわからなかった。


2001.7.7

続きを書くのが大分遅くなった。
なんだっけ(^^;
そうそう、アップロードの話である。
実は、経過を忘れてしまったのであるが、思い出しながら書こう
かなり悩んだ思い出があるのだが・・・。
とにかく、せっかく作ったページなんとかアップしたい。
ブロバイザーのページのヘルプをあるだけ印刷して、
じっくり読んだら「FTP」ソフトなるものがいるらしい。
どこからか、無料のソフトをダウンロードしなきゃいけないらしかった。
ん?ダウンロード?なんだ!!
その頃のノンベの知識はそんなものであった(^^;
ヘルプ通りに何とかダウンしたが、
専門用語の多いこと、一夜漬けの知識ではギブアップ寸前であった。
とにかくソフトを手に入れ、いよいよアップロードである。
恐る恐るFTPソフトを起動したら、またノンベの頭は真っ白に・・・。
なぬっ!!ノンベの嫌いな英語ばかりであった(^^;
そして、なんだこりゃ、どうすりゃいいのか〜思案橋(^^;
表示されている左側(自分のパソコン側)、
なんと文字化けのオンパレード何がなんだか分かりましぇ〜ん。
HP用ファイルに全角名使えないのが、ここで分かったのだった。

とりあえず、ファイルやホルダー名を直すことに。
そして、やりましたよアップロード。
接続して、自分のページが表示されたときの感動は忘れられません。
おお俺も、全世界に向け情報を発信したのだ。
などと、一人悦に入っていたが、
誰もノンベのURL分からないんだよね。
見たくても見れないんだと気がつき、
今度は検索ページへの登録作業で悩むこととあいなったのだ。


2001.7.8

ちょうどその頃、NHK教育の趣味の番組でHPシリーズやっていた。
それを録画して、また勉強しました。
やはり、本より映像だと分かりやすかった。
ノンベが、HPをかなり理解できた番組だった。
そこで紹介されていた「一発太郎」だったかしら、
そこに登録しようとしたが、メディアの反響はすさまじい。
何回つないでも、込み合っていて登録出来なかった。
そんなこんなで、とりあえずブロバイザーの検索ページにだけは登録した。
その後も、いろんな所に登録したような記憶がある。

それからは、HPの更新作業にはまった。
ページを作ることの楽しさを覚え、いろいろレイアウトなどにも凝ったりしました。
ページに音楽を付けたりもしました。
本当にメモ帳だけで作りました。
しかし、悔しいかな一つだけ、動画が出来なかった。
これだけは、ソフトの力が必要だった。
そこでまたまたノンベは、金のかからない方法を見つけた。
ノンベの、ジャバスプリクトとの出会いであった。


2001.7.14

ジャバスプリクト、さすがにこれは手ごわかった。
とりあえず、わかり易そうな本を購入して読んでみた。
それに、困ったことには、
ブラウザソフトやバージョンによって、動作したりしなかったりするとの事。
その頃、ノンベのブラウザはIE4.0であった。
実は、HTMLタグでも、
ソフトやバージョンにより表示されなかった経験があったのだ。
特に、その頃まだフレームに対応していないソフトもあり、
ノンベがフレーム使用したら、
とたんに見れないよ〜と友人に泣きつかれた事があった。

さて、それはそれとして、プログラミングを昔やっていたので、
スプリクトもすぐわかるかと思ったのが大間違い。
ほとんど忘れてしまったに近かった。
げっ、それではとにかくまねして書こうと相成った。
とにかく、作りたかったのは動画である。
時は、年末。
クリスマスツリーに挑戦してみた。
できたものを下に表示しますので、笑ってやってください(^^;
ただし、スプリクト書くの面倒なので、絵だけです(^^;


2001.9.2

2ヶ月ぶりに、パソコン欄の更新です。
えーと、スプリクトの話でしたね。
このスプリクト、やっぱりノンベの頭脳では消化し切れませんでした。
なにしろ、パソコンに向うときはほとんど飲んでいる(^^;
それでも、サンプルを見ながら、いろいろ遊んでいるうちに、
初歩ぐらいは理解できました。
そして作り上げたのが、ノンベスロットルゲームの前身でした。
女房のホームページに掲載しました。
反響は???でしたが、このゲームは自分で考えて作り上げたものです。
久しぶりに、プログラミングして作り上げる喜びを感じたものでした。
そして、鰻田さんのぶるぶるベージとの出会い。
このぶるぶるで、ノンベスロットルは一応完成しました。
ぶるぶるがなかったら、味気ないゲームだったですよね。
現在は、このゲームの改良を考えています。
今のところは、単に乱数でしか当たりが出ませんが、
その時によって、大当たりが出やすくしたり、絶対に当たらなかったり(^^;
そんな変化のあるゲームに、のんびりと改良して行きたい。

2001.9.9

スプリクトの話で、一気に現代になってしまった(^^;
少し、戻ります。
スプリクトで、動画を作ったがやっぱり面倒でした。
そこで、やっぱりHPソフトを手に入れることにしました。
現在ノンベページで活躍している、HPビルダー2001です。
さすがにこのソフトは、簡単にHP作れるようになっていますね。
でも、絵を貼り付けたり、リンク貼ったりの操作がなれないので面倒。
ついつい、自分でタグ書いた方が早いと思ったりしてしまって、
女房の方のHPは、いまだに手書きです。
でも、FTP・ウェブアートデザイナー・ウェブアニメーターは重宝して使用しています。

そう言うことでHP2001は、
しばらく動画やアイコンの作成にしか使われませんでした。
そして、ノンベのホームページ作り活動は、
女房のHP、そして10メガただの娘のHP作り、
あるいは、友人のページ作りの手伝いに集中していました。

ところがある日、新聞でこの50メガただのホームページと出合ったのでした。
50メガただ(^O^)やった〜っ。
常々、ひとのホームページ作りじゃつまらい、自分のページが欲しい。
そう思っていたノンベは、躊躇せず飛びつきました。
早速手続きし、出来上がったページが「ノンベおやじのひとりごと」なのです。
このページを作るに当たって、誓ったことはトップページにあるとおり、
HPビルダー2001を使用して作るということ。
せっかくのソフトを無駄にしちゃもったいない。
そしてもう一つ、とにかく
自分の気持ちを素直に表現できるページにする。
最後は、
小手先のHP作成テクニックは使わない
この三つの誓いだけは、守って作っていきます。

そういう訳でノンベのページは、
味気ない文字だけのページになってしまったのだ(^^;
しかし、「秘密の小部屋」でついに二つも誓いを破ってしまった。
HPビルダーでノンベスロットルを読み込むと変になるので、
このページだけは手書き。
そして小手先のスプリクトテクニックを使ってしまった、
のである。
まあ、息抜きと言うことで、ノンベも自分を許している(^^;
この後は、いよいよ新パソコン奮闘記にへと続いてゆく(^^;

2001.10.5

「9821V166」の2G−ハードデスクがかなり窮屈になり、
圧縮しても入りきらないようになってきたのが2000年に入ってからであった。
ハードデスク増設を本気になって考えていた。
しかし、いつも今度のボーナスこそと思いながらも、
ノンベはいつまでたってもボンビーであった(^^;

ウインドウズが98からMEに変っても、
ノンベのは相変わらず95のままであった。
98乗せるのじゃ166ではかったるそうだった。
いつのまにか、
ハードデスク増設+OSの更新と新パソコン購入を天秤にかけるようになった。
チラシなどをしげしげ見たり、家電店をぶらぶらするにつれ、
ノンベの心は揺れ動きました。

年も明けいよいよ21世紀、
ノンベの心は新パソコン購入に傾いていきました。
小学高学年の娘が、少しずつパソコンに興味を抱き始めたのも一因です。
新しいパソコン買って、古いのを娘にやれば一石二鳥(^^;
そんな屁理屈に自分で納得し、
ますますチラシ集めや、家電店詣でが多くなっていきました。

休みにチラシを見てため息ついているノンベに、
さすがの大蔵省も気がついたようです。
しかし、大蔵省も火の車。
ノンベもそれが分かるので、ため息と発泡酒で我慢する日々(^^;

しかし、パソコンはすごく安くなりましたね。
場所さえあれば、デスクトップ機で10万も出せば、
「9821V166」の数倍のスペックのものが買えます。
それも、けっこうソフトも附属している。
チラシを見て、わくわく・わくわくして我慢するだけのノンベでありました。


2001.10.7

しかし、大蔵省がなんとか工面してくれました。
好きなお酒もひかえようかなあ〜っなどと、
女房のそばでつぶやき作戦。

これが効いたかな・・・(^^;

足りない分は、お小遣いからとの条件で、
待望の新パソコンが入ることに相成った。

突然の申し出に、ノンベがぜん大張切り\(^O^)/
が、しかし、予算額は10万円、すずめの涙(^^;
いやいや、せっかく貰った予算、無駄には出来ません。

これまでにも増して、チラシチェック・家電屋さん詣でが始まりました(^^;
CPUは最低ペンV、600MHz以上は欲しい。
デスプレーは19インチ以上。
メモリは128MBは欲しい。
ハードデスク不足に泣かされたから、多ければ多いほど良い。
などと、夢はどんどん膨らんだが・・・(^^;
10万円じゃなあ〜っと、新しいため息・・・(^^;
約2ヶ月ほど悩みました(^^;

結論が出たのは、予算がおりるボーナス日。
デスプレーで有名な飯山電機のパソコンです。
ノンベのへそくりと、ボーナスのお小遣いも足しました。
予算で買えるスペック範囲は決まってしまう。
どこのメーカーも似たりよったり、
最終決断は、情けないけれどハードデスクだった。
なんと、80GBもあるのだ。
お買い得う〜っ、ノンベの判断良かったかしら(^^;
CD−R/RW+DVDも付いているのだ。

大切な虎の子を握り締め、発泡酒を飲むのも忘れ、
家電店に走りこむノンベであった(^^;

2001.11.10

そのパソコン置いてある家電店は、
ノンベの家からかなり遠かった。
地下鉄で6駅くらい。
しかし、頭に血が上っているノンベには、
屁でもなかった(^^;

着いたらすぐに、これ下さあ〜い♪♪
しようかな、それとも選んでいるふりしたりして♪♪
ノーテン、ノンベよどこに行く(^^;

わくわくしながら、店に入った。
向かうは、パソコンコーナー。
しかし、お目当てのパソコンがなかなか見つからない。
うろうろしていると、
いろいろなメーカーのパソコンが自然に目に飛び込んでくる。
ん、これは、うお〜っ安い、
などと、最初の勢いはどこへやら。
たちまち、目移り(^^;
そして、お目当てのパソコンを見つけた。

ぬっ、こ、これは・・・。
少々がっかりするような、
オーソドックスなパソコンがそこにはあった。

ノンベ、思わずたじろぐ(^^;
何しろ、ここにたどり着くまで、
カラフルでカッコいいパソコンを見せつけられてきたのだ。
ノンベの心が揺れ動いた。
まあ、大体の人もちょっと考えるでしょうね。
外観的には、何の主張も無いようなパソコンでしたから。

そこで、ノンベがとった行動は、
たぶん、皆様もやるでしょう。
もう一度、一回り・・・(^^;
いや、ノンベの場合は、3回くらいぐるぐる回った(^^;

頭の中で、財布の中身と、パソコンのスペックが飛び跳ねていた(^^;

2002.1.7

久しぶりです、ここに来たのは。
もう、年が明けてしまった(^^;

とにかく結局、最初の予定通り飯山製に落ち着いた。
それからが、ノンベまたまた頭に血が・・・(^^;

何しろ、結構安いパソコンだったので、
余った予算で、デジカメやプリンターを買い換える予定だった。
これは店頭でと思っていたので、
店員さんを引き連れ、あちらこちら飛び回ってしまった。

なるべく安くて納得の出来るもの、
などと贅沢を並べて店員さんをかなり困らせてしまった。
そしてこともあろうに、
予定外のスキャナーまで買い込んでしまったノンベであった(^^;
いざ会計の段になって、
ちょっぴりいや大いに悔やんだことは言うまでもない(^^;
それでも、ルンルン気分で家路につきました。

配達は、次の土曜日にして貰いました。
何しろ、設定や接続で時間がかかるのを知っていましたから。

でも、次の土曜日まで長かったこと。
ノンベ、クリスマスを待ち望んでいる子供のようになりました(^^;

2002.2.3

前の晩、ノンベはやっぱり寝付けなかった(^^;
自分でも、おかしいね。
本当に子供じゃ(^^;
そして、土曜日の朝も、珍しく早起き。

待ちに待ったパソコンが届いたのは、
10時を過ぎていた。

震える手で、梱包を解く。
焦らない、焦らないと思っても、
自然に急いでしまうから不思議だ。

何とか、接続終わったのはお昼近くであった。

昼食もそこそこに、早速電源を入れる。
うお〜っ、憧れの19インチディスプレーは、
今までの14インチに比べたら雲泥の差。

それに、画面が平らだよ。
うんうん、などと一人つぶやき作業を続ける。
他人が見たら、
なんと思うでしょうね。

とにかく無事動き出しました、新パソコン。

でも、又でもが飛び出します。
インターネット接続、
古いパソコンのデーター移し。
などなど、新しい課題が出てきました。

うお〜っ、ノンベさん我慢していた発泡酒、
ついに飲んでしまった(^^;